菜花黄名子ちゃん激推し

イナズマイレブンヲタク。

ベータちゃんについての考察

今回の記事編集ミスでPCから見るとおかしなことになっていたのでスマートフォンからお読みになる事をお勧めします。

f:id:pokegatari:20170720012620j:image
チラ裏じみたベータちゃんへの考察・小ネタ等 ベータちゃんについて知ってる前提で話すので知らない方はこちらから→https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%28%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B3GO%29

 

・学年 

不明。ゲーム内のプロフィールでも?になっている。彼女に限らず未来キャラは基本的に学年・年齢不詳。

 

・性格
f:id:pokegatari:20170720012944j:image優しい性格が別に優しくないのはナイショ

よく「優しい性格」と「荒々しい性格」と表現される二つの性格の持ち主で、勘違いされがちだが二重人格ではない。  実はアニメではこの性格の変化についてエルドラド側、雷門側双方共に全く触れていない(一応雷門側の人間が突然粗暴になったベータに対して驚く様な描写はある)。 

基本の性格は「優しい性格」で、シュートを打つ直前や怒った時など、感情が昂りを見せた時のみ「荒々しい性格」に変化する。 アニメに於いて「優しい性格」でシュートを打ったのは1度のみ、詳しくは後述。

 

・必殺技

 

シュートコマンド07(ダブルショット)
f:id:pokegatari:20170720014420j:image

ベータの代名詞とも言える必殺技。使用する時は必ず化身アームドする。 本編ではかなりの回数使用されているが無敗。 

 

シュートコマンドK02(アテナアサルト)
f:id:pokegatari:20170720014524j:image

化身「虚空の女神アテナ」から放たれる化身シュート。本編では二回使用し、どちらも得点している。 基本的にアニメ内での威力は07>K02であるようで、周りを敵に囲まれている時等、化身アームドする時間が無い時に使用する。

 

シュートコマンド24(オメガアタック)
f:id:pokegatari:20170720172508j:imageドヤ顔かわいい
f:id:pokegatari:20170720172441j:image

アルファ、ガンマと共に放つ合体技。 ラグナロク第2戦で逆転へのきっかけとなった。ちなみに必殺技の名前にもなっている24は三人の背番号の合計(アルファ6、ベータ8、ガンマ10)。

 

ゴースミキシマックス

f:id:pokegatari:20170720015205j:image

自分のオーラを味方全体に分け与えて強化する。 他にはザナークも似たようなことが出来る。負け濃厚だったプロトコルオメガ2.0が一気に大量得点する程度には強いが一度しか使われなかった。

 

・化身

虚空の女神アテナ

f:id:pokegatari:20170720172102j:image
f:id:pokegatari:20170720172313j:image

二丁拳銃を携えた化身。同種として慈愛の女神メティスがいるが、アニメには未登場。全体的に外見の評価が著しくない化身アームドの中で唯一といっていいほど完成度の高いものとなっており、人気も高い。

 

・実力

アニメ「クロノ・ストーン」内でも屈指の強キャラ。 公式戦の中でシュートを外したのは一度だけであり、そのシュートも「優しい性格」の時に打ったものなので本気だったかは怪しい。

シュートのみならず天馬の化身必殺技ジャスティスウィング胸で受け止め、三国先輩の無頼ハンド等この時アニメ初登場の技を尽(ことごと)く破った事も評価が高い。
f:id:pokegatari:20170720015748j:image

同じ三幹部であるアルファとガンマが雷門に一度も勝てなかったのに対して彼女は2度も雷門に勝利しており、ラグナロクにおいても唯一(合体技含めて)二得点を決めている。

描写や結果だけで見るならザナーク、SARU、フェイ等と並んでクロノ・ストーン最強候補のキャラである事は疑いようがないと言える。

 

・その他

勝手に雷門を襲撃したエイナムらを許し、その時怖いお仕置きがあるかのような事を語っていたが特に何も無かった。 味方全体強化のゴーストミキシマックスが使える事や、単純な実力もありチームの司令塔としての適性も高い。

 
f:id:pokegatari:20170720020353j:image

ラグナロク第2戦にて  ザナークに煽られた時の一コマ。アルファガンマが同じ様に肩を怒らせているのに対し一人余裕の表情。 精神面でも強い。

 

 



イナズマイレブンアレスの天秤 今後の展開予想

(2018/5/4時点) 5話まで放映されてる中での今後の展開予想。

 
f:id:pokegatari:20180506002309j:image

最初にこれまでの振り返り。

まず予選は全国から無作為に組まれた5チームによるリーグ戦。 ここで4勝1敗以上なら予選勝ち抜けとなる。

初戦、vs星章学園
f:id:pokegatari:20180506003929j:image
小僧丸のファイアトルネードでまさかの先制するもその後は本気を出した灰崎始め星章イレブンに圧倒的力の差を見せつけられ負け。 

2戦目、vs美濃道山中
f:id:pokegatari:20180506004054j:image
f:id:pokegatari:20180506004059j:image
壁山指導の元鉄壁の防御を誇る相手だったが監督趙金雲の奇策により勝利。 尚この試合はイナズマイレブンにしては珍しく、1点決めた後ダメ押しの一点を入れて勝利するという形だった。

 

現在進行中の試合は木戸川清修vs星章学園
f:id:pokegatari:20180506003907j:image
これによりAブロックの中身が雷門星章学園木戸川清修美濃道山何か と言う構成になっている事が分かる。 雷門は既に星章学園に1敗しており、これ以上の敗北が許されない状況である事を考えるとこの対決は星章学園が勝つと見て間違いない。

 

次に雷門は未だ判明していないAブロック残り1校に勝利し、最後に木戸川清修に勝ってブロック2位通過。 ここまではほぼ確定。

 

ここからが難しく、これから予想されるマッチアップは

雷門vs帝国世宇子白恋
f:id:pokegatari:20180506004543j:image
f:id:pokegatari:20180506004548j:image
f:id:pokegatari:20180506004554j:image

雷門vs星章学園(恐らく雷門勝利)f:id:pokegatari:20180506004723j:image

王帝月ノ宮vs星章学園(恐らく王帝勝利)
f:id:pokegatari:20180506004740j:image
f:id:pokegatari:20180506004825j:image

最初期に公開されたpv(https://youtu.be/d-UHDvhAtZQ)からこれらはほぼ確定だと思われる。またアウターコード四話(https://youtu.be/tLMSGpgcYVY)にてpvの最後に神を自称する吉良ヒロトが出てきた事から世宇子vs永世学園もあるだろう。
f:id:pokegatari:20180506005022j:image
ただこれだと星章学園が本戦で2回負ける事になってよく分からない。本線もリーグ戦だとは考えづらく、また、雷門が本戦で戦わなければならないチームの数は膨大である為、敗者復活戦の様なものがあるのではないか、と言うのが私の予想。

 

ここからの試合の流れは1、2回戦白恋or帝国。白恋は過去のイナズマウォーカーから日野社長が「白恋は割と早く出てくると思います」と発言していた事から。また帝国は本作に於いて星章学園より格下であり、早期の登場が予想される為。

 

3〜4回戦辺りで雷門がどこかのチームに負け、世宇子永世に、星章学園王帝にそれぞれ敗北。敗者復活で雷門星章世宇子に勝って灰崎が雷門に加入、王帝永世、(恐らく円堂のいる)利根川東泉を倒す…という所までが予想される流れ。ラスボスは利根川東泉
f:id:pokegatari:20180506005153j:image
若しくは今出てないチーム。 これについてはまた別記事で書こうと思う。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。 何かありましたらコメントよろしくお願いします。

「イナズマイレブンGO」に登場していない無印のキャラ

 

イナズマイレブンGOは無印イナズマイレブンから10年後の世界を描いた物語であり、そこには当然大人となった無印のキャラも登場する訳だが、一部、無印で大きな役割を果たしたにも関わらず結局10年後の姿が描かれなかったキャラもいる。 今回はそんなキャラ達について私見を交えながら紹介していきたいと思う。

 

一之瀬一哉(CV:梶裕貴 )
f:id:pokegatari:20170614034002j:image

敵になるとやたらと強くなるナチュラルイケメン。 名前を直接名言はされていないものの1話にて木野秋(CV:折笠富美子)の恋人で現在アメリカに居る事が語られ、また聖帝イシドシュウジが怪我に苦しむ彼の姿を雨宮と重ねるシーンもあった。

…なので全く出ていないという訳では無いものの、1、2、3期と活躍してきたキャラにしては若干扱いが良くない。 クロノ・ストーン編ではアメリカ代表との親善試合もあったので登場が期待されたが結局出なかった。仮に再登場して秋とイチャイチャしようものなら円秋派の狂信者に殺されるのは間違いないのでそれを見越しての事…だったのかもしれない。

 

土門飛鳥(CV:金野潤)
f:id:pokegatari:20170614035214j:image

白目が怖い。

 

 

栗松鉄平(CV:日野未歩)
f:id:pokegatari:20170614035952j:image

123共に登場、2で闇堕ちし、3の代表選考会でヒロトのシュートを避けたにも関わらず代表入りした男。 全編通して目立った活躍も、固有の必殺技も持たないのにゴリ押しされ続けたためGOでも登場するかと思われたが出番はなかった。 なお 宍戸、少林、影野、マックスも未登場だが、壁山と半田は登場している。

 

浦部リカ(CV:瀧本富士子 )
f:id:pokegatari:20170614041038j:image

2新規加入キャラの中で唯一登場無し。そもそもアニメでもメンバーの入れ替わりが激しいエイリア編だからこそのベンチ要因という側面があり、メインキャラではあるもののキャラクターそのものが(デザイン含めて)余り優遇されていない。余談だが私は昔このキャラのせいで大阪にいる女の子はみんな黒ギャルだと思っていた。とんでもない風評被害である。

 

ガゼル(CV:瀧本富士子 )バーン(CV:古島清孝 )
f:id:pokegatari:20170614040728j:image

ヒロト、緑川、砂木沼は登場しており、ファイアードラゴン同期のアフロディからなんとチェ・チャンスウ(CV:奈良徹)まで登場しているのに彼らは出ていない。 
f:id:pokegatari:20170614070619j:image
重要キャラではあるものの本編に自然に絡ませる事が難しかったのが原因だと思われる。

 

 

フィディオ・アルデナ(CV:下野紘 )をはじめとした世界編登場キャラ
f:id:pokegatari:20170614042834j:image

今現在も世界で活躍している可能性は高い。フィディオに関しては染岡さん、鬼道がイタリアで活躍していたのでもしかしたら同じチームだったりするのかも知れない。また、クロノ・ストーン編にて子孫であると思わしきキャラが登場している。→

dic.pixiv.net

GO3期であるギャラクシー編は初め世界と戦っていたので登場が期待されたが、途中から戦いの舞台が宇宙となるため出番は無かった。 ロココ、テレス、エドガー、マークら他の主要キャラも登場していないが唯一、チェ・チャンスウ(CV:奈良徹)だけは登場している。
f:id:pokegatari:20170614070655j:image

 

 

おわり

ちなみにチェ・チャンスウの声優は五条さんと同じ。
f:id:pokegatari:20170614070529j:image

三国先輩 理想の先輩説

はじめに

名門雷門中学のゴールキーパーでありながら圧倒的なザルさで「クソザコブロッコリー」「画面に映っただけで点を取られる男」と散々な扱いを受けている三国太一(CV︰佐藤健輔)こと通称、三国先輩

これまでネタキャラとしての側面しか注目されてこなかった彼だが、ここ最近の有識者の間では彼についての再検討が必要なのではないか?との見方が強くなってきている。 今回はその論説のうち一つを紹介しよう。「三国先輩理想の先輩説」である。

 

根拠①   後輩を家に招いて自家製料理をご馳走する
f:id:pokegatari:20170607204525j:image
f:id:pokegatari:20170607201407j:image

三国先輩の家は母子家庭であり、母親が遅くまで働いているので毎日自分が母親の分まで料理を作っている。 上記画像は後輩かつ主人公である松風天馬(CV:寺崎裕香)を自宅に招待した時のものであるが、この現実世界に於いて、自分で母親の分まで料理を作り、後輩にそれをご馳走する15歳の男子中学生がいるだろうか?いや、いない(確信)

 

根拠② 正しいと思ったら目下の人間の意見でもしっかりと取り入れる
f:id:pokegatari:20170607203950j:image

イナズマイレブンGOはサッカーの勝敗を管理するフィフスセクターに反旗を翻す新生雷門中学メンバー達の革命の物語だ。このフィフスセクターのやり方に対して天馬・信助・神童の主要キャラ3人の次に革命に賛同したのは我らが三国先輩である。彼は3年生なので受験も控えており、自分の進路へのリスクのある行動は避けたいはず。 そんな中後輩達と本当のサッカーを取り戻すことを選んだ三国先輩は紛れもない人格者だ。

 

根拠③  自分が卒業した後の事も考え、後進を育成する
f:id:pokegatari:20170607204507j:image

雷門中学のゴールキーパーは三国先輩1人である。これでは自分が負傷した時、また卒業した後ゴールを守る者がいなくなってしまう(実際全国大会中でも三国先輩の負傷によりMFの天馬がキーパーに入る事があった)。

そこで彼は後輩の西園信助(CV:戸松遥)に目を付け、見事彼のGKとしての資質を開花させる事に成功する。 雷門の未来まで考えており、また信助の才能を見抜いた点からも日頃から後輩の事を良く見ているのが伺える

 

根拠④ 後輩の活躍に思わず涙する

 画像は探したが良いもの無かったので申し訳ない。 イナズマイレブンGOクロノ・ストーン編、最終決戦ラグナロクの一戦目にて三国先輩のチームは敗北。続く二戦目、神童拓人(CV:斎賀みつき)は負ければ人類滅亡と言うプレッシャーのかかった中、見事勝利を手にする。 その試合を見た三国先輩の目には、試合終了後涙が浮かんでいた…。 

 

根拠⑤自分の力よりも強大な相手との戦いでも、決して逃げない
f:id:pokegatari:20170611222200j:image

三国先輩は強いか弱いかと言われると確かに弱いものの、そう言われる背景にイナズマイレブンGOにおけるシュートのパワーインフレがある。 新要素「化身」のシュートは普通の必殺技で止める事はほぼほぼ不可能でありその威力は地球の自然現象にまで影響を及ぼす程

f:id:pokegatari:20170611230408j:image
f:id:pokegatari:20170611230424j:image


※二枚目は台風ではなく必殺技です。

そんなキ○ガイじみたシュートに立ち向かっているだけでも本来褒められるべきという事を忘れてはいけない。

 

また、敵のシュートから逃げない事に関して「そんなのGKとして当たり前だろう」という人もいるかもしれない。 しかし、イナズマイレブンにはあろう事か相手のシュートに恐れをなして逃げ出したキーパー(ラスボス)がいる。
f:id:pokegatari:20170611223709j:image一体何セイドンなんだ……

これは円堂時代の話なので化身も存在しておらず、受けるシュートの威力も三国先輩の方が上と考えていいだろう。 ラスボスですらシュートから逃げるのにそれ以上の威力のシュートを受けて逃げ出さない三国先輩には先輩として、雷門のGKとしての強い自覚が垣間見得る。

 

まとめ


f:id:pokegatari:20170611232106j:image

三国先輩が後輩想いの人格者であり、理想の先輩である事は疑いようもなく、また黄名子ちゃんは聖母でありベータちゃんに踏まれたい。証明完了Q.E.D.