あああああ

主にポケモン たまに他のゲームの事も 自己満ブログですが良かったら見ていって下さい^_^

「イナズマイレブンGO」に登場していない無印のキャラ

 

イナズマイレブンGOは無印イナズマイレブンから10年後の世界を描いた物語であり、そこには当然大人となった無印のキャラも登場する訳だが、一部、無印で大きな役割を果たしたにも関わらず結局10年後の姿が描かれなかったキャラもいる。 今回はそんなキャラ達について私見を交えながら紹介していきたいと思う。

 

一之瀬一哉(CV:梶裕貴 )
f:id:pokegatari:20170614034002j:image

敵になるとやたらと強くなるナチュラルイケメン。 名前を直接名言はされていないものの1話にて木野秋(CV:折笠富美子)の恋人で現在アメリカに居る事が語られ、また聖帝イシドシュウジが怪我に苦しむ彼の姿を雨宮と重ねるシーンもあった。

…なので全く出ていないという訳では無いものの、1、2、3期と活躍してきたキャラにしては若干扱いが良くない。 クロノ・ストーン編ではアメリカ代表との親善試合もあったので登場が期待されたが結局出なかった。仮に再登場して秋とイチャイチャしようものなら円秋派の狂信者に殺されるのは間違いないのでそれを見越しての事…だったのかもしれない。

 

土門飛鳥(CV:金野潤)
f:id:pokegatari:20170614035214j:image

白目が怖い。

 

 

栗松鉄平(CV:日野未歩)
f:id:pokegatari:20170614035952j:image

123共に登場、2で闇堕ちし、3の代表選考会でヒロトのシュートを避けたにも関わらず代表入りした男。 全編通して目立った活躍も、固有の必殺技も持たないのにゴリ押しされ続けたためGOでも登場するかと思われたが出番はなかった。 なお 宍戸、少林、影野、マックスも未登場だが、壁山と半田は登場している。

 

浦部リカ(CV:瀧本富士子 )
f:id:pokegatari:20170614041038j:image

2新規加入キャラの中で唯一登場無し。そもそもアニメでもメンバーの入れ替わりが激しいエイリア編だからこそのベンチ要因という側面があり、メインキャラではあるもののキャラクターそのものが(デザイン含めて)余り優遇されていない。余談だが私は昔このキャラのせいで大阪にいる女の子はみんな黒ギャルだと思っていた。とんでもない風評被害である。

 

ガゼル(CV:瀧本富士子 )バーン(CV:古島清孝 )
f:id:pokegatari:20170614040728j:image

ヒロト、緑川、砂木沼は登場しており、ファイアードラゴン同期のアフロディからなんとチェ・チャンスウ(CV:奈良徹)まで登場しているのに彼らは出ていない。 
f:id:pokegatari:20170614070619j:image
重要キャラではあるものの本編に自然に絡ませる事が難しかったのが原因だと思われる。

 

 

フィディオ・アルデナ(CV:下野紘 )をはじめとした世界編登場キャラ
f:id:pokegatari:20170614042834j:image

今現在も世界で活躍している可能性は高い。フィディオに関しては染岡さん、鬼道がイタリアで活躍していたのでもしかしたら同じチームだったりするのかも知れない。また、クロノ・ストーン編にて子孫であると思わしきキャラが登場している。→

dic.pixiv.net

GO3期であるギャラクシー編は初め世界と戦っていたので登場が期待されたが、途中から戦いの舞台が宇宙となるため出番は無かった。 ロココ、テレス、エドガー、マークら他の主要キャラも登場していないが唯一、チェ・チャンスウ(CV:奈良徹)だけは登場している。
f:id:pokegatari:20170614070655j:image

 

 

おわり

ちなみにチェ・チャンスウの声優は五条さんと同じ。
f:id:pokegatari:20170614070529j:image

三国先輩 理想の先輩説

はじめに

名門雷門中学のゴールキーパーでありながら圧倒的なザルさで「クソザコブロッコリー」「画面に映っただけで点を取られる男」と散々な扱いを受けている三国太一(CV︰佐藤健輔)こと通称、三国先輩

これまでネタキャラとしての側面しか注目されてこなかった彼だが、ここ最近の有識者の間では彼についての再検討が必要なのではないか?との見方が強くなってきている。 今回はその論説のうち一つを紹介しよう。「三国先輩理想の先輩説」である。

 

根拠①   後輩を家に招いて自家製料理をご馳走する
f:id:pokegatari:20170607204525j:image
f:id:pokegatari:20170607201407j:image

三国先輩の家は母子家庭であり、母親が遅くまで働いているので毎日自分が母親の分まで料理を作っている。 上記画像は後輩かつ主人公である松風天馬(CV:寺崎裕香)を自宅に招待した時のものであるが、この現実世界に於いて、自分で母親の分まで料理を作り、後輩にそれをご馳走する15歳の男子中学生がいるだろうか?いや、いない(確信)

 

根拠② 正しいと思ったら目下の人間の意見でもしっかりと取り入れる
f:id:pokegatari:20170607203950j:image

イナズマイレブンGOはサッカーの勝敗を管理するフィフスセクターに反旗を翻す新生雷門中学メンバー達の革命の物語だ。このフィフスセクターのやり方に対して天馬・信助・神童の主要キャラ3人の次に革命に賛同したのは我らが三国先輩である。彼は3年生なので受験も控えており、自分の進路へのリスクのある行動は避けたいはず。 そんな中後輩達と本当のサッカーを取り戻すことを選んだ三国先輩は紛れもない人格者だ。

 

根拠③  自分が卒業した後の事も考え、後進を育成する
f:id:pokegatari:20170607204507j:image

雷門中学のゴールキーパーは三国先輩1人である。これでは自分が負傷した時、また卒業した後ゴールを守る者がいなくなってしまう(実際全国大会中でも三国先輩の負傷によりMFの天馬がキーパーに入る事があった)。

そこで彼は後輩の西園信助(CV:戸松遥)に目を付け、見事彼のGKとしての資質を開花させる事に成功する。 雷門の未来まで考えており、また信助の才能を見抜いた点からも日頃から後輩の事を良く見ているのが伺える

 

根拠④ 後輩の活躍に思わず涙する

 画像は探したが良いもの無かったので申し訳ない。 イナズマイレブンGOクロノ・ストーン編、最終決戦ラグナロクの一戦目にて三国先輩のチームは敗北。続く二戦目、神童拓人(CV:斎賀みつき)は負ければ人類滅亡と言うプレッシャーのかかった中、見事勝利を手にする。 その試合を見た三国先輩の目には、試合終了後涙が浮かんでいた…。 

 

根拠⑤自分の力よりも強大な相手との戦いでも、決して逃げない
f:id:pokegatari:20170611222200j:image

三国先輩は強いか弱いかと言われると確かに弱いものの、そう言われる背景にイナズマイレブンGOにおけるシュートのパワーインフレがある。 新要素「化身」のシュートは普通の必殺技で止める事はほぼほぼ不可能でありその威力は地球の自然現象にまで影響を及ぼす程

f:id:pokegatari:20170611230408j:image
f:id:pokegatari:20170611230424j:image


※二枚目は台風ではなく必殺技です。

そんなキ○ガイじみたシュートに立ち向かっているだけでも本来褒められるべきという事を忘れてはいけない。

 

また、敵のシュートから逃げない事に関して「そんなのGKとして当たり前だろう」という人もいるかもしれない。 しかし、イナズマイレブンにはあろう事か相手のシュートに恐れをなして逃げ出したキーパー(ラスボス)がいる。
f:id:pokegatari:20170611223709j:image一体何セイドンなんだ……

これは円堂時代の話なので化身も存在しておらず、受けるシュートの威力も三国先輩の方が上と考えていいだろう。 ラスボスですらシュートから逃げるのにそれ以上の威力のシュートを受けて逃げ出さない三国先輩には先輩として、雷門のGKとしての強い自覚が垣間見得る。

 

まとめ


f:id:pokegatari:20170611232106j:image

三国先輩が後輩想いの人格者であり、理想の先輩である事は疑いようもなく、また黄名子ちゃんは聖母でありベータちゃんに踏まれたい。証明完了Q.E.D.